ヒアルロン酸分解注射・溶解注射(ヒアルロニダーゼ)とは?

ヒアルロン酸分解注射

治療方法(施術内容・治療について)

  • ヒアルロン酸分解注射は牛や羊、ヒトから抽出したヒアルロニダーゼというヒアルロン酸を分解する酵素の注射です。
  • 当院は羊由来とヒト由来の2種類の分解注射を使用しております。
  • 羊由来ヒアルロン酸分解注射は100人に1人の確立でアレルギーを起こす方がいらっしゃいますので、当院では事前にアレルギーテストを受けられることをお勧めしています。
  • ヒト由来分解注射ではアレルギーを起こさないので、テストを受けずに注射する事が可能です。
  • ヒアルロン酸注入した部位へ分解注射を打つことで分解酵素がヒアルロン酸を砕いて分解することができます。ヒアルロン酸注入で満足のいく結果を得られなかった場合でも、分解注射を打つことで元に戻すことができます。
  • 分解注射は注入剤のヒアルロン酸にだけ反応するわけではなく、体内のヒアルロン酸も分解しますが、体内では3日ほどでヒアルロン酸が作り出されているため特に問題ありません。
wrinkle_hyaluronic_acid2.png

効果

羊由来分解注射は事前にアレルギーテストを行い、24時間で結果が判別できます。陰性であれば24時間以降に分解注射を打つことができます。

羊由来分解注射で陽性の場合は、その薬剤を使用しない方がよいので、ヒト由来分解注射を使用します。

ヒアルロン酸分解注射を打つと数時間で分解が始まり、数日以内に元に戻る事がほとんどです。

ヒアルロン酸注入後、暗紫色(黒っぽく)に見えるヒアルロン酸特有の症状や、ボコボコとしたしこりも分解注射でヒアルロン酸を分解すれば元に戻ります。

デメリット

羊由来ヒアルロン酸分解注射のアレルギーテストに陽性反応が出た場合2週間ほど赤く腫れてかゆみが続くことがあるため、陽性の方は羊由来分解注射の使用をする事はお勧めできません。

ヒアルロン酸の分解注射はほとんどのヒアルロン酸を分解することが可能ですが、ヒアルロン酸の種類や注入量、注入の仕方により分解されにくい場合があります。

分解されにくい場合は一回の治療では思うような効果が出ないこともあり、分解できるまでの治療回数が多く、時間のかかる場合があります。

ヒアルロン酸の分解酵素は異物を含んだ注入剤を分解することはできません。異物とヒアルロン酸が混合した注入剤では、ヒアルロン酸に分解反応を示すものの、異物には分解反応を示さないため異物は手術で除去するしかありません。

征矢野が語るヒアルロン酸分解注射の極意

基本情報

施術時間10分前後
麻酔・麻酔方法表面麻酔
通院日アレルギーテスト/注入/診察
通院回数1~4回
抜糸ありません
入浴当日から
洗顔・化粧当日から
ダウンタイム針跡が目立つことはほとんどありません。

まれに内出血が起きた場合でも2週間くらいで消えていきます。
注意事項注入後は注入部位を強くこすったり、マッサージは数日間控えたほうが良いでしょう。
料金を見る

よくある質問

ヒアルロン酸分解(溶解)注射を行わずに早く吸収させる方法はありますか?

意図的に吸収・消失させる事は困難ですが、通常は表情の動きが頻繁にあるところや筋肉などのよく動く部位はヒアルロン酸が分散して早く消失する傾向があります。

ヒアルロン酸分解(溶解)注射には、具体的にどんな種類がありますか?

羊由来のものが多く販売されていますが、これにアレルギー反応をおこして赤く腫れたりすることがありますので、そういった場合はヒト由来分解酵素が有効です。各メーカーで販売していますが、構造はヒト由来分解酵素とほぼ同じです。

鼻にヒアルロン酸を注入して2年になりますが、元に戻る気配がありません。分解注射で元に戻せますか?

吸収性のヒアルロン酸であれば、分解注射で分解し元に戻す事ができます。もし非吸収性のヒアルロン酸を注入したのであれば、吸収されない異物は分解注射で分解できないため元に戻すことはできません。治療を受けられたところで、ヒアルロン酸の種類と注入量を確かめて、医師に伝えることでスムーズに対応できます。

カウンセリングに行った日に分解注射はできないのですか?

ヒト由来分解注射だとテストをせずに分解注射をすることが可能です。
羊由来分解注射の場合は100人に1人の確立でアレルギーを起こすとされ、当院では万一にそなえ安全のためにアレルギーテストを行っております。テストは24時間~48時間で判定ができます。陽性の場合は赤みとかゆみが2週間ほど続きますので、このようなリスクを回避するためにも羊由来分解注射はテストを行いアレルギーの確認をしてからのほうが良いでしょう。

ヒアルロン酸を注入しましたがボコボコとした「しこり」があったので分解注射を受けました。元に戻したらシワが気になり、ヒアルロン酸の注入を考えています。注入と分解を繰り返しても大丈夫ですか?

ヒアルロン酸注入後に分解注射を受けることは特に問題ありませんが、短期間のうちに繰り返し行うことは肌へ負担をかけることになります。事前に十分なカウンセリングをして、ご自身の皮フやシワに合った注入剤で施術を受けることをお勧めします。

ヒアルロン酸分解注射は痛いですか?

痛みに弱い方には表面麻酔を行っています。
表面麻酔はクリーム状の塗るタイプと貼るタイプがあり、注入する30分前からつけておくとほとんど痛みが軽減され、楽に治療を受けることができます。また、施術中「痛い」と感じられた際は、すぐに医師にお伝えください。

ヒアルロン酸分解(溶解)注射後に効果を高める方法はありますか?

ヒアルロン酸分解(溶解)注射をすれば、架橋が中程度までなら、24時間以内に分解がすすみます。高架橋のヒアルロン酸は分解酵素を数回行う必要がありますが、注射直後に軽くマッサージをしてもやや早まる可能性があります。

閉じる