まつ毛貧毛症治療薬

まつ毛貧毛症治療薬

治療方法(施術内容・治療について)

  • 元々は緑内障の治療薬の副作用としてまつ毛が伸びる事を報告されたことから、まつ毛の育毛剤として使用する事が出来ます。
  • まつ毛貧毛症治療薬の薬剤成分であるビマトプロストは、まつ毛の成長期を延長させる作用があるため、まつ毛が「長く」・「太く」・「濃く」なります。
  • まつ毛貧毛症治療薬は眼科用医薬品のため、目の中に入っても害はなく安心して使用することができます。
  • まつ毛が貧弱で不十分なまつ毛貧毛症の方、つけまつ毛やエクステを卒業したい方など、市販の育毛剤で効果が出なかった方などにお勧めです。
  • まつ毛貧毛症治療薬を専用のブラシでまつ毛の根元に1日1回、左右1滴ずつ塗布するだけの簡単な方法で、1ヵ月くらいから効果を感じ始め、2ヵ月経つ頃には違いがはっきりと分かるようになります。4ヵ月経過するころに効果のピークを迎えます。
image006.jpg
image011.jpg
image015.jpg
image006.jpg
image011.jpg
image015.jpg

効果

医薬品のため、医師の処方のもとで安心して使用することができます。

毛周期における成長期を延長させ、まつ毛の成長を促進させるため長くなります。

休眼状態にある毛包を刺激して、まつ毛の厚みや太さを増加させ、メラニン合成を活発化しまつ毛の色を濃くします。

徐々にご自身のまつ毛が伸びていきますので、違和感がなく自然に育毛されます。つけまつ毛やエクステなどによるまつ毛のダメージも回復できます。

眉毛が薄い方など、部分的な育毛にも効果的です。

デメリット

まつ毛貧毛症治療薬は成長期を延長させることで効果が出るため、1ヵ月以上ご使用いただかないと効果はすぐには現れません。

薬効成分における効果のため、ご使用を中止すると数週間~数ヵ月でご使用前の状態に戻ります。効果を維持するにはご使用を続ける必要があります。

基本情報

施術時間1日1回ご自身でまつ毛の根元に塗布していただきます
麻酔・麻酔方法ありません
通院日製品購入時
通院回数1回 (製品購入時のみ)
抜糸ありません
入浴制限はありません
洗顔・化粧制限はありません
ダウンタイム特になし
保険適応適応外
注意事項コンタクトレンズを装着している方は外してからご使用ください。また、目の中にブラシが入ると眼球を傷つけることがありますので、目の中に入らないように気を付けてください。

まつ毛貧毛症治療薬の成分にアレルギーをお持ちの方はご使用できません。また、妊婦や授乳中の方へのご使用は、安全性が確認されていないためご使用は控えてください。

高眼圧症治療薬をお使いの方や眼圧障害の既往のある方、また、目の病気がある方はご使用になる前にかかりつけ医師にご相談ください。

一度に大量にご使用いただいても効果が高まるわけではありません。1日1回左右1滴ずつの使用量は必ず守ってご使用ください。

何らかの症状や違和感を感じた時は、医師にご相談ください。
料金を見る

よくある質問

郵送してほしい

まつ毛治療薬は市販のまつ毛育毛剤と異なり、医療用に開発された医薬品のため医師の処方のもとで使用する薬剤になります。
そのため購入する際は、医師の診察が必要となります。

どのくらいで効果が現れますか?

使用開始後1ヵ月ほどで効果を感じ始め、約2ヵ月で明らかな効果を実感できます。最大限の効果に達するまでには2ヵ月~4ヵ月は必要です。
また、使用を中止すると毛周期に伴い、数週間~数ヵ月で徐々に元のまつ毛に戻ります。効果を維持するためには、継続してご使用ください。

塗り忘れた時はどうすれば良いですか?

忘れた時は翌日からご使用ください。1日に2回以上使用したり、大量に薬液を塗っても効果は変わりません。使用方法を守ってご使用ください。

まつ毛治療薬と他の点眼液を併用しても大丈夫ですか?

高眼圧症治療薬をお使いの方や、処方された点眼薬をお使いの方は、ご使用になる前にかかりつけ医師にご相談ください。

まつ毛治療薬はどのくらいの効果を実感できますか?

1ヵ月くらいから効果を感じ始め、2ヵ月経つ頃には違いがはっきりと分かるようになります。4ヵ月経過するころに効果のピークを迎えます。

まつ毛治療薬の使用をやめると、まつ毛はどうなりますか?

薬効成分における効果のため、使用を中止すると毛周期に伴い、数週間~数ヵ月で徐々に元のまつ毛に戻ります。効果を維持するためには、継続してご使用ください。

まつ毛治療薬の副作用はありますか?

元々は緑内障の点眼薬といて用いられる安全性の高い薬ですが、稀に目のかゆみ、瞼の黒ずみ、違和感、目の充血、乾きを感じられる方がいらっしゃいます。使用を止めれば治ります。

まつ毛治療薬は誰でも使用可能ですか?

まつ毛治療薬の成分にアレルギーをお持ちの方はご使用できません。また、妊婦や授乳中の方へのご使用は、安全性が確認されていないためご使用は控えてください。
高眼圧症治療薬をお使いの方や眼圧障害の既往のある方、また、目の病気がある方はご使用になる前にかかりつけ医師にご相談ください。

まつ毛治療薬を使いたいのですが、まつ毛が抜けやすいです。使っても無駄ですか?

個人差はありますが、毛周期における成長期を延長させ、まつ毛の成長を促進させるため、抜けやすい方にもお勧めです。
1ヵ月程ご使用いただかないと効果はすぐには現れませんので、継続使用をお勧めします。

マツエクをしたまま、まつ毛治療薬を塗っても大丈夫ですか?

大丈夫です。

閉じる