ホクロ除去 <レーザー>

ホクロ除去 <レーザー>

治療方法(施術内容・治療について)

  •  ホクロの原因となるメラニン色素を含んだ細胞にレーザーを照射してホクロを除去します。
  • ホクロ細胞のメラニン色素がレーザー光線を吸収して反応を起こし、熱エネルギーで破壊された後体内で分解吸収されて色が薄くなりホクロが取れます。
  • レーザー光線は波長の違いによって、組織まで届く深さや吸収される色素が異なりますが、メラニ色素は可視光線(人の目に色として見える光)の波長であれば反応が良いと言われています。
tattoo_laser.png
  •  ホクロを取るレーザーで代表的なものがQスイッチYAGレーザーとCO2レーザーです。
  • QスイッチYAGレーザーは黒・青・赤に吸収される波長を持ったレーザーで、レーザー機器の中でも深い組織までレーザー光線が到達して色素に選択的に吸収される特徴を持ったレーザーです。
  •  Qスイッチがついている事により1回に照射される時間が非常に短い10億分の1秒単位で制御され、高出力でメラニン色素だけに反応を起こす事が可能です。
  • CO2レーザーは水に吸収される波長を持ったレーザーで、このレーザーは皮フを削る事ができる特徴があります。
  • この様に異なった特長を持つレーザー機器はホクロの形状などで使用するレーザーを使い分ける必要があります。
  • また、レーザー照射に対する反応には皮膚に含まれるメラニン色素などによって個人差がありますので、肌質に合った照射エネルギー・照射時間で治療しないとキズ跡が残ってしまったり再発する可能性があります。
  • ホクロの形状に合わせたレーザー機器の選択と肌質に合わせた照射エネルギーなど医師の診断と判断力によって結果が大きく左右されます。
  • 当院ではご希望により痛みに弱い方には表面麻酔を行っております。

効果

レーザーは治療時間が短く数分で治療ができます。

QスイッチYAGレーザーはメラニン色素に反応するためほとんどのホクロに有効ですが、CO2レーザーは皮フを削るレーザーのため隆起しているホクロに効果があります。

切り取れない場所にあるホクロなどレーザー除去はあらゆる部位のホクロを治療することができます。

デメリット

CO2レーザーで皮フを削りすぎてしまうと傷跡が残る事があります。

ホクロ細胞のメラニン色素が深い組織にあると1回のレーザー照射では取りきれず、再発する場合があります。

皮フの中にはホクロ細胞以外にもメラニン色素があり、その数は個人差があり様々です。
そのため、レーザー照射の反応は人によって異なります。

皮フ内のメラニン色素により、ホクロ細胞のメラニン色素に対する反応が異なるため再発する場合もあります。

基本情報

施術時間3分~  ( 除去するホクロの個数により異なります )
麻酔・麻酔方法局所麻酔
通院日1ヵ月後
通院回数1回~2回
抜糸ありません
入浴シャワー  :  当日から  ( 患部はこすらない )
入浴  :  当日から  ( 患部はこすらない )
洗顔・化粧洗顔  :  当日から  ( 患部はこすらない )
化粧  :  当日から  ( 患部は避けて )※ 患部が乾燥すればお化粧は可能です。
ダウンタイムレーザー照射後1週間~2週間で表皮が脱落します。

その後、炎症による茶色い色素沈着が数週間~数ヶ月続きますが
時間の経過と共に落ち着いてきます。

患部をこすらなければ、特に制限はありません。
保険適応適応外
注意事項自然に表皮が脱落するまでは、急激な脱落を防ぐために
絆創膏でカバーした方が良いでしょう。

シャワーや入浴許可が出ても患部はこすらないで下さい。

治療後の患部は通常の皮フより紫外線の影響を受けやすくなっています。
必ず日焼け止めを使用し、紫外線を避けてください。
料金を見る

よくある質問

レーザーは傷跡にならないと思っていたのですが、以前レーザで取ったところが傷跡になっています。

レーザーは照射時間や波長の違いでそれぞれ特徴があり、皮膚が削れるタイプやホクロ細胞周辺の正常な組織にも熱破壊が起こりやすいタイプなどさまざまな種類の機械があります。正常な組織を破壊しないように照射すれば傷跡にはなりません。

上まぶたにあるホクロを取りたいのですが、目の近くでもレーザーで取ることはできますか?

目の周囲にレーザーを照射する際は、眼球を保護するプロテクターを使用してレーザーを照射しますので特に問題ありません。

ホクロ除去のレーザー治療の傷跡は残りますか?

レーザー照射に対する反応には個人差がありますが、正常な組織を破壊しないように照射すれば傷跡にはなりにくいです。

ホクロ除去のレーザー治療後、傷が治るまでの期間はどのくらいですか?

1週間~2週間で表皮が脱落し、その後炎症による茶色い色素沈着が数週間~数ヵ月続きますが時間の経過と共に落ち着いてきます。

ホクロ除去のレーザー治療後、再発しませんか?

メラニン色素が深い組織にあると1回のレーザー照射では取りきれず再発する場合があります。期間をあけて数回照射する必要があります。

ホクロ除去のレーザー治療後、通院は必要ですか?

経過を診るために、1回~2回程通院していただきます。

ホクロ除去は、レーザー治療とメスを使う切開治療のどちらが適していますか?

状態やホクロがある箇所によって変わってきます。凸凹の少ない小さめのホクロにはレーザー等、診察をしてからの判断となります。

ホクロ除去をレーザー治療でおこないましたが再発しています。完全になくなりますか?

メラニン色素が深い組織にあると1回のレーザー照射では取りきれず、再発する場合があります。期間をあけて数回照射する必要があります。

ホクロにレーザーを当てるとガンになると聞きましたが本当ですか? 

ホクロにレーザーを当ててもガン(悪性腫瘍)にはならないですが、ホクロに似ているガン(悪性腫瘍)に当てると広げる場合もありますので、しっかりと診る必要があります。ガン(悪性腫瘍)の疑わしい場合は事前に検査をし、治療法を変える必要があります。

レーザー治療はどのようなホクロの除去に適していますか?

切り取れない場所にあるホクロなどレーザー除去はあらゆる部位のホクロを治療することができます。ただ、大きく凸があるホクロは切開法や他の方法が適している場合もあります。

閉じる