老けた印象になる目の下のくぼみ・目の下のクマ。ヒアルロン酸注入の効果は?

老けた印象になる目の下のくぼみ・目の下のクマ。ヒアルロン酸注入の効果は?

「電車の窓ガラスに映った自分の顔がなんだか年を取ったように見えた」「化粧をしていても、どこか疲れて見える」「実年齢よりも老けて見える」「いつも疲れているの?と聞かれる」ことはありませんか?その理由は「目の下のくぼみ」「目の下のクマ」と関係があるかもしれません。目元は人の印象に大きく影響する部分です。目の下にくぼみが生じて影ができると、顔が疲れて見えたり、疲れて見えたりする原因になります。

目の下のくぼみや目の下のクマの原因

加齢に伴ってコラーゲンやエラスチンが減少すると、目の下の皮膚がたるむと影ができて黒くみえるクマができます。また、眼球を支える靭帯がゆるんで目の下にある眼窩脂肪が押し出されて目の下が膨らむと、その下の部分に影ができてくぼんで見えるようになります。この皮膚のたるみや眼窩脂肪の減少が、目の下のくぼみを目立たせたり、クマとして見える影を作り出したりします。
目の下のくぼみの原因は老化だけでなく、長時間のパソコンやスマホの使用が原因になる場合があります。パソコンやスマホ、ゲーム画面などを長時間見ていると瞬きが少なくなります。眼精疲労によって目の周りの血行が悪くなると眼輪筋が衰えるようになり、眼窩脂肪が前に押し出されてるようになります。

セルフケアで目の下のくぼみ、目の下のクマは治るか?

目の下のくぼみ、クマを自分で治す方法としては、十分な睡眠を取ることやバランスの良い食事、適度な運動などを心がけることが挙げられます。また、目の下のマッサージを行うことで血行を促進し、くぼみやクマの改善につながることがあります。

スキンケアで潤いを保つ

肌のハリの減少によってたるみが生じるため、スキンケアでしっかりと保湿を行うことがお勧めです。高保湿の製品を使用して肌全体に潤いを与えるスキンケアが大事です。また、目元専用の美容液やクリームで目元をしっかりと保湿しましょう。

目の周りをマッサージする

目元専用のクリームを使って、摩擦を避けながら優しくマッサージを行いましょう。こめかみを優しく円を描くようにマッサージしたり、おでこをマッサージすることで、目周りの筋肉の緊張を和らげ、リラックスさせることが可能です。またマッサージは目元周辺の老廃物を排出してむくみを解消する効果が期待できます。
アイマスクや蒸しタオルで目元を温めて、凝りをほぐして血流を良くすることもお勧めです。

紫外線ケアをする

紫外線により肌がダメージを受けると光老化によりたるみができやすくなります。目の下のくぼみ、クマがひどくなってくる前に、日焼け止めなどで紫外線ケアをしっかりと行って肌のたるみを予防するようにしましょう。

セルフケアでだけで改善する事は難しい目の下のくぼみや目の下のクマは美容クリニックで相談することをお勧めします。

目の下のくぼみ・クマにヒアルロン酸注入の効果は?

ヒアルロン酸は、私たちの肌に潤いと弾力を与える重要な成分です。20代前半に最も多くあり、40歳を過ぎるとその量が急速に減少します。50歳で約45%、60歳で約25%にまで減少すると言われています。ヒアルロン酸は、わずか1グラムで約6リットルの水を保持できると言われており、肌の乾燥を防ぎ、潤いとハリを保持する役割があります。
特に、目の下のくぼみやクマにヒアルロン酸を注入することで、皮膚を内側から持ち上げてボリュームを出して、凹みを目立たなくし、若々しい印象を取り戻すことができます。ヒアルロン酸注入は疲れて見えたり、実年齢よりも老けて見える目の下のくぼみ、クマを改善する効果が期待できます。

目の下のヒアルロン酸注入のデメリットは?

ヒアルロン酸を目の下に注入する治療にはデメリットやリスクも伴います。
注入量が過剰であったり、適切な場所に注入されなかったりすると、「しこりができる」「膨らみ過ぎる」「凸凹になる」「注入したヒアルロン酸が透けて青く見える(チンダル現象)」などの失敗が生じる可能性があります。
このような失敗を避けるためには、目の下へのヒアルロン酸注射を検討する時はヒアルロン酸と注入技術に精通した医師に相談することが重要です。治療を受ける前に、医師の実績や症例をしっかり確認しましょう。カウンセリングの際には、ご自身の悩みをしっかり伝えて、治療の方法やメリットやリスクについて医師からの丁寧な説明を受けましょう。

目の下のヒアルロン酸注入の副作用とは?

ヒアルロン酸治療にはいくつかの副作用があります。ヒアルロン注入直後には腫れや膨らみ、凸凹、内出血が生じることがあります。ヒアルロン酸が不自然に膨らみ過ぎたと思っても、一時的に腫れている場合もあります。個人差がありますが、症状によって数日~2週間程度で目立たなくなってきます。特に目の下の皮膚は薄いため内出血が起こる可能性がありますが、メイクでカバーできる程度で1~2週間で改善します。

これらの症状は一時的なものなので過度に心配する必要はありません。ただし、不自然な膨らみや凸凹が気になる場合は、医師に相談することをお勧めします。

ヒアルロン酸注入以外の目の下のくぼみ。クマ治療

目の下のくぼみを治す方法は一つではありません。当院ではヒアルロン酸注入以外の切らない治療ではコラーゲン注入があります。また、下瞼脂肪除去、目の下の脂肪注入、下瞼たるみ取りなどもあります。治療法を選ぶ際には、医師の実績や技術力を確認し、治療費用やリスクを十分に理解した上で、最適な方法を選択しましょう。
当院では経験豊かな院長が、それぞれの患者様に対して丁寧なカウンセリングを基に、それぞれの症状に合わせた最適の治療プランをご提案することに努めています。

目の下のくぼみ・クマ治療の関連施術